先輩社員インタビュー

先輩社員インタビュー
坂口 淳一郎
坂口 淳一郎
  • 2014年4月入社
  • だのはる店 勤務
もっと患者様の役に立ちたいので腕を磨かねば。
そして、尊敬できる先輩方と共に会社を盛り上げていきたい!
1
薬学部を卒業する時には、どんな薬剤師を目指そうと思っていましたか?

色々な勉強会に積極的に出席して、幅広い知識を持った薬剤師になろうと思っていました。
また、積極性を発揮して、何にでもチャレンジしてみたいという欲がありました。

2
仕事をしていて、どんな時にやりがいを感じますか?

「あなたに聞いてよかった」と、患者様に感謝の言葉を頂けた時にやりがいを感じます。
また、顔を覚えてもらった患者様に、様々な相談をされる時も。
例えば、海外渡航時の英文での薬剤情報の作り方や、患者様から特別な相談があって調べたことなど、
機会に恵まれて勉強し、少しずつ詳しくなると嬉しいです。またそんな経験をもとに、仕事を任されたときです。

3
今、薬剤師として働いていて、どんな目標を持っていますか?

様々な店舗で、色々な専門家の知識を得られる機会があるので、疑問点を調べて知識を広げていきたいです。先輩薬剤師を追い抜けるくらい、特に若い人の強みとなりやすい新薬の知識にアンテナを張っておきたいです。
また、将来的には専門薬剤師の資格も持ちたいと考えています。

永冨調剤薬局に興味を持っている学生さんへメッセージをお願いします

私が、永冨調剤薬局で働き続ける上で魅力に感じていることが3点あります。

まず1点目として、上司にとても恵まれています。色々な上司がいて、とにかく博識な先生や、相談しやすい先生、プロ意識高く気難しいけど働く上でとても頼りになる先生など、出会えてよかったと思える先輩薬剤師に数多く巡り会えました。

2点目として、会社として、年々めまぐるしく変わる制度に早期に対応し、働きやすい環境も整えてくれます。薬剤師としてだけでなく、対人業務として大事なマナーなども教わります。大分県で大きな薬局であることに誇りを持ち、見本になるような薬局を目指す姿勢が、働いていて感じられます。

3点目として、若い人が意見を言いやすい環境があります。仕事をしていると、こうしたほうがいいのでは、ああしたほうがいいのではと感じることがあります。そういう意見を、小さなことの場合は先輩に相談してやってみたり、店舗ミーティングで意見を出してみたり、会社を巻き込む事項は、ブロック長に相談してかけあうこともできます。その中で様々な学びがあり、お互いに働きやすい、勉強しやすい環境になればいいと思いますし、意見が多く出るほど理想により近づけると思います。薬剤師は、免許を取ることが目的ではなく、働き始めてからがスタートだと思っております。大学を卒業したての時は、患者様の役になかなか立てず、逆に患者様から教わることのほうが多く、もどかしい日々が続きますが、続けていくうちに一つ一つ成功体験が積み上がっていきます。

これから一緒に働いて下さる薬剤師さんの力になりたいですし、また、皆さんから学びたいとも思っています。
皆様と一緒に働ける日を心よりお待ちしております。

坂口 淳一郎
PAGE TOP
Copyright © NAGATOMI PHARMACY All Rights Reserved.